ETC割引お得な使い方と100kmIC情報

早朝夜間割引・通勤割引・休日昼間割引組合せ(応用9)−ETC割引お得な使い方

ETC割引の通勤割引、早朝夜間割引をちょっと工夫したお得な使い方を紹介し、また割引適用条件の出発IC(インターチェンジ)から距離100km以内の途中ICの情報をお届けします。

概要 − 早朝夜間割引・通勤割引・休日昼間割引組合せ(応用9)



2009年7月8日より 通勤割引、 平日昼間割引 の距離条件が緩和されています。



休日昼間割引の有効な利用方法をいくつかのパターンでシミュレーションしてみました。

このパターンは、早朝の時間帯に大都市近郊区間から地方へ出かけるパターンで、
200km〜400kmを走行し最大4つの割引を適用させるパターンです。

早朝夜間割引+通勤割引+休日昼間割引+休日昼間割引

※このパターンは、実際の結果ではなく机上シミュレーションです。

パターン適用条件 − 早朝夜間割引+通勤割引+休日昼間割引組合せ

前提条件

○ETC走行
○休日
○普通車以下
○大都市近郊から出発

○目的地 200〜400km以内
○ケース

  朝の時間帯に
  早朝夜間割引 + 通勤割引 + 休日昼間割引 + 休日昼間割引 を適用させる

  夕方時間帯の逆パターンは、時間的に難しいでしょう。

パターンの適用条件(早朝夜間割引+通勤割引+休日昼間割引2回)

出発IC       途中IC         途中IC         途中IC       到着IC
 △−早朝夜間−>▽△−−通勤−−>▽△−休日昼間−>▽△−休日昼間−>▽
  ( 〜am6:00)    (am6:00〜am9:00)   (am9:00〜 )

   △:高速に入る
   ▽:高速から出る

(1) 早朝夜間割引、通勤割引の適用条件

  応用パターン2の条件を参照ください。

(2) 休日昼間割引の適用条件

  応用パターン7の条件を参照ください。

(3) その他

   このパターンでは、am6時とam9時の時刻がポイントになるでしょう。
   各割引の時間帯は次の通りです。

   @ 早朝夜間割引 〜am6:00
   A 通勤割引   am6:00〜am9:00
   B 休日昼間割引 am9:00〜

   @からBの順序で割引適用されれば可能になるでしょう。
   特に通勤割引から休日昼間割引の時間帯で時間調整が必要に
   なる場合が想定されます。


サンプル − 早朝夜間割引+通勤割引+休日昼間割引組合せ


休日の早朝、東北道・浦和本線ICから東北道・古川ICまで約400km弱の走行を想定します。

通常走行

東北道・浦和本線IC−−−−>古川IC 375.1km  通常料金¥8000

お得な走行

途中ICを鹿沼IC、矢吹IC、国見ICとします。

東北道・浦和本線IC−−>鹿沼IC  91.5km
                           通常料金¥2700 早朝夜間割引  ¥1350
東北道・鹿沼IC−−>矢吹IC  94.8km  通常料金¥2600 通勤割引¥1300
東北道・矢吹IC−−>国見IC  89.7km  通常料金¥2450 休日昼間割引¥1250
東北道・国見IC−−>古川IC  99.1km  通常料金¥2700 休日昼間割引¥1350
                                            計¥5250

   通常走行¥8000 − お得な走行¥5250 = お得な金額 ¥2750

時間想定

浦和本線から古川までの各IC間100km弱を各々1時間と想定した場合、
次の様な時間経過になるでしょう。

     早朝夜間       通勤       休日昼間    休日昼間
浦和本線IC−−−>鹿沼IC−−−>矢吹IC−−−>国見IC−−−>古川IC
5:30          6:30      7:30       8:30       9:30

浦和本線から鹿沼では、am6時前に入口IC(浦和本線)通過なので早朝夜間割引が適用されるでしょう。

鹿沼から矢吹では、am6時過ぎに入口IC(鹿沼)通過なので通勤割引が適用されるでしょう。

矢吹から国見では、出口IC(国見)がam9時前通過なので割引適用NGになるでしょう。
ここで国見をam9時以降に出るように時間調整が必要になります。
なお浦和本線から既に200km以上走行しているのでゆっくり休憩が必要でしょう!


■ご注意
ETC割引を有効に使うため途中ICで入り直ししますが、
安全な場所でUターンしましょう。
料金所付近でのUターンは、後続車・対向車があり危険です。
くれぐれも安全運転が第一優先です。